スマホ老眼の対策方法【眼を休めることが大事】

記事一覧

スマホを操作する人

意識して眼を使おう

スマホを使用するときには、自分の眼に負担が掛からない程度にして、定期的な休息時間を設けましょう。毛様体筋は加齢と共に固くなり、眼精疲労やピント機能を低下させます。老眼はこれらの負担がきっかけで発症するため、40代を過ぎたら意識して眼を使いましょう。

レディ

効果的な予防方法

老眼は50歳前後など、中高年に多く見られる症状である。しかし、最近ではスマホの利用しすぎによるスマホ老眼が増えてきている。スマホ老眼を防ぐためには、使用時間を減らすとともに栄養素による改善がある。サプリなどを活用することで、対策できるケースもある。

男の人

自宅で予防ができる

スマホの使い過ぎによって老眼を早めしてしまうことがあります。自宅でできる簡単な予防方法を口コミ情報を参考にして試してみましょう。スマホとタブレット、パソコンを使い分けたり、休み時間を作ったりすることをおすすめします。

スマートフォン

年をとっても便利グッズ

スマホはすでに常識となっています。老眼だからと言って使わないと言うのは時代遅れになってしまいます。工夫をして使いこなせばスマホはどんな世代にも便利なものなのです。重要なのはほどほどにして、健康管理を忘れないと言うことなのです。

目元

目に良い食べ物は

スマホの普及によって、本来は老眼とは無縁であるはずの若年層にも、老眼の症状を訴える人が増えています。時々遠くを見るクセを付けたり、ビタミンなどの栄養素を積極的に摂取するだけでも症状は緩和されるので、定期的に目を休めるよう意識しましょう。

PICK UP

スマホを操作する人

意識して眼を使おう

スマホを使用するときには、自分の眼に負担が掛からない程度にして、定期的な休息時間を設けましょう。毛様体筋は加齢と共に固くなり、眼精疲労やピント機能を低下させます。老眼はこれらの負担がきっかけで発症するため、40代を過ぎたら意識して眼を使いましょう。

レディ

効果的な予防方法

老眼は50歳前後など、中高年に多く見られる症状である。しかし、最近ではスマホの利用しすぎによるスマホ老眼が増えてきている。スマホ老眼を防ぐためには、使用時間を減らすとともに栄養素による改善がある。サプリなどを活用することで、対策できるケースもある。

男の人

自宅で予防ができる

スマホの使い過ぎによって老眼を早めしてしまうことがあります。自宅でできる簡単な予防方法を口コミ情報を参考にして試してみましょう。スマホとタブレット、パソコンを使い分けたり、休み時間を作ったりすることをおすすめします。

眼を休ませる

目元

こまめなケア

スマートフォンを使用する機会が増えることで、老眼のような症状が現れることがあります。これをスマホ老眼と呼びます。老眼は眼の組織である毛様体筋と水晶体が関係しています。遠くのものを見たり、近くのものを見たりするときに毛様体筋が動くことで水晶体の厚みが変化してピント調節を行います。しかしながらスマホを使用していると至近距離で長時間画面を見続けることで毛様体筋の緊張状態が継続することで凝り固まってしまい、水晶体の厚みの調整がうまくいかずにものがぼやけて見えます。スマホ老眼の特徴は一日のうちで継続して症状が現れるのではなく、夕方の時間になると症状が現れるというものです。つまり、一日中スマホ画面を見ていることが原因です。対策としては眼を休めることが大事です。スマホを見るときには無意識のうちに画面に眼が近づいてきます。それを防ぐために画面と眼の距離を一定に保つことがポイントです。また、長時間継続して使用するのではなく、一時間使用するごとに休憩して眼を休めることが大事です。眼を休めることにより、毛様体筋の緊張をほぐすことが可能になります。毛様体筋をほぐすことができれば、ピント調節機能を回復することができます。また、眼を温めることもひとつの方法です。眼を温めることにより毛様体筋の血流を良くすることができます。つまり、眼を酷使することがないようにこまめにケアをすることがスマホ老眼を防ぐために重要です。