スマホ老眼の対策方法【眼を休めることが大事】

記事一覧

効果的な予防方法

レディ

健康食品も活用しよう

老眼は、50歳前後など中年層でその症状を自覚することが一般的となっている。加齢とともに、近くのものにピントが合わせ辛くなり、小さな文字などが見えにくくなることが老眼の症状である。しかし、最近では20代あど若い世代においても老眼を発症する人が増えてきている。これらは、スマホ老眼と呼ばれることがある。スマホ老眼は、スマートフォンの使用のし過ぎにより老眼と同じ症状を引き起こすものである。特にスマホを長時間使用していると、スマホ老眼になりやすく、世代に関係なく発症することがその特徴となっている。スマホ老眼対策を行う際には、スマホの使用を控えできる限り遠くのものを見るようにするなどの対策がある。また、遠くのものと近くのものを交互に見ることで、目の筋肉をほぐし対策する方法などもある。その他の対策としてあるのが、栄養素による対策である。目に良い効果がある栄養素として、ビタミンやDHAなどが良いとされている。これらは魚を多く取ることやビタミンを豊富に含む野菜などを取ることで対策できる。魚や野菜のみでは栄養素を取りきれない場合には、サプリメントを活用する方法などもある。最近では、スマホ老眼にターゲットを絞ったサプリメントなども販売されている。これらでは、スマホ老眼に効果がある成分を含んでおり、どのようなものを利用すればよいか迷う場合には有効な選択肢になっている。スマホ利用を抑えるとともに、これらのサプリなどを併用すると改善するケースがある。