スマホ老眼の対策方法【眼を休めることが大事】

記事一覧

意識して眼を使おう

スマホを操作する人

体質に合わて見直そう

電車に乗るとスマホを触っていない人が少なく感じるほど利用率が高い事に気が付きます。小さな画面の中にさまざまな情報を映し出し、ちょっとした隙間時間を有意義に満たしてくれます。しかし、小刻みに揺れた車内でスマホを利用する行為は、目に負担を掛け老眼を促進させてしまう場合があります。スマホ老眼と呼ばれるように、水晶体の形状を変えてくれる毛様体筋が加齢に伴い固くなっていくと、ピント機能が衰えてスマホの文字に焦点を合わせられなくなります。はじめのうちは見えていたスマホの画面が時間と共に霞み出し、酷い眼精疲労に襲われます。無理をしていると感じたら少し休息の時間を作ることで毛様体筋の付加を軽減できますが、それ以上にスマホを見たい願望が強いと老眼の程度が加速していきます。最近ではスマホ老眼の症状が若年化しており、放置しておくことで眼病を発症する恐れもあります。無理をしているなと感じたら眼を休める習慣を持ち、定期的に眼科で眼の状態を調べてもらうと良いでしょう。老眼は40代を過ぎてくると自覚症状が現れます。加齢に伴う劣化を防ぐためには、生活習慣の改善が必要です。過度な睡眠不足や偏った食生活は体の機能を低下させ、眼においても筋力や瞳孔の収縮を低下させます。全ての人に同じような症状が出るとは限りませんが、今のうちから意識して眼を使いましょう。普段から近視の眼鏡を掛けている人は、度数を軽減することで近くを見たときの負担を減らせます。遠視の人は眼科医に相談して遠近両用など、近くが見やすい環境を整えましょう。